#BitchVogue JAPAN

For all my bitches...

【LIVE REPORT】2019 PENTAGON WORLD TOUR<PRISM>191221@グランキューブ大阪

この記事はネタバレしかありません。個人の主観と思い入れ、そして脳の老化による記憶の曖昧さにより、ライブレポートというより日記みたいな仕上がりになっています。嫌だよって方はすぐさま回れ右してください。(最終公演にネタバレとかあるのだろうか?)

 

f:id:bitchvoguejp:20191222011841j:plain

グランキューブ大阪

 

まずは自分語り。興味のない人はすっ飛ばしてください。

もともとグループ自体は知っていたし曲も聴いていたけど、メンバーを誰ひとりとして認知できていなかった私。そんな折、『Men's Health』の表紙で、私はホンソクと恋に落ちた――。そして『SUM(M:ER)』「HAPPINESS」と最高の夏うたを届けてくれて一気にグループが大好きになり、今ワールドツアー中で日本公演がある事を知る――。はい、クソにわかです。本当に申し訳ない。

私は長崎に住んでいるので、東京は平日だし遠いし、行くなら週末の大阪だな、と思いました。そして、大阪公演の日付を見て、運命を感じました。私の30歳の誕生日じゃん――。

今までライブといえば安室ちゃんの『Finally』ツアー@福岡、吉澤嘉代子井上苑子Mrs. GREEN APPLEの『Love fes 2018』@長崎、大森靖子の『ハンドメイドシンガイア』ツアー@長崎くらいしか行ったことがなくて、つまり九州を出る事がなかったんです。大阪は、中学の修学旅行で行った以来。そして一人旅。不安要素しかなかったんですが、30代になる事だし「ひとりでできるもん」にならないといけないと思った事と、メンバー最年長どころかメンバー最年少だったとしても驚くくらいのバブことジノたんさんがこのツアーを最後に兵役に行くという話を知った事、それらが重なりに重なりました。

私はもともとBTSがきっかけでK-POPの沼にハマったんですが、ここまで急にライブに行きたいってなった事がなくて(Queen Of 出不精なので)、「何が私をここまで掻き立てるの?」と分析したところ、江戸時代に当たりすぎて禁止令が出たという宿曜占いでホンソクと相性を占ったら「いつもは人に惚れられるあなただが、エキセントリックな彼にはあなたの方が虜に」という一文が出たので、それかな、と。(そんな理由?)

んで、職場の人も「人生のために仕事してるんだから、気にせず休んで!」と言ってくれて、行く以外の理由がなくなった私は早速FCに入り、宿と飛行機を手配し、いつまで経っても発売されないチケットにやきもきし、本当に開催されるのか不安になったところで発売されたチケットに応募し、無事に当選し、うちわをデザインして業者に依頼して、熊本にドライブに行った時に熊本で発券し、12月20日に長崎を発ちました。

大阪を観光して当日を迎え、TwitterやLINEでたくさんの人に誕生日を祝ってもらい、11時半頃からクソ長いグッズ列に並び、後ろのユニボスと少し会話をしたりして15時頃に無事ペンライトをゲットし、プレゼントBOXに一夜漬けで書いた激ヤバなファンレターを突っ込み、満席のカフェでユニボスに席を譲ってもらって「急かしたみたいになってごめんなさい!今日は楽しみましょうね!」とお礼を言ってカレーセットをかっ喰らい、一旦ホテルに戻ってペンライトの動作を確認、17時近くなって緊張して情緒が不安定になってきて、いざ出発。会場に入って何も考えずにずんずん進んだら(ディーヴァ・ウォーク)チケット確認所を一番乗りで通るという……これがbirthday bitchのパワー……

発券した時は(遠いかも?)と思って、安室ちゃんの時に使った双眼鏡を出発2日前に引っ張り出したらまさかのぶっ壊れていて、Amazonで注文しても長崎には間に合わないから会場の近くのファミマで受け取るという頭の冴えっぷりを発揮したんですが、肉眼でも表情が普通に見える距離でした。ただ、ホンソクのチョコレート工場がご開帳されたら舐め回すように見なければならないので、常に臨戦態勢で首からぶら下げていました。

そこで隣の席の人とどこから来たかとか推しは誰かとか話をして、Twitterの相互さんが挨拶にいらしてくれて、しかもプレゼントまで……ありがたや……私は通路側の端っこの席だったので「今日最後だからここに降臨してくれるといいんですけどね」という話をして、運営さんから最終公演のサプライズの発表……uh-huh?

会場のBGMのボリュームがどんどん大きくなってきて、いよいよ開幕――。

 

ネタバレ嫌だけどまだ読んでるよって方向けに、ライブ中常に胸の高さでキープしていたうちわの写真をクッションします。ここで!ここで立ち去るんだ!!!

 

f:id:bitchvoguejp:20191222011941j:plain

うちわ(チョコレート工場)

f:id:bitchvoguejp:20191222012022j:plain

うちわ(30歳の厚かましさ)


2019 PENTAGON WORLD TOUR<PRISM>191221@グランキューブ大阪

 

VCR #1

え!?銀テープから始まるんですか!?!?!?(ホンソクの衣装、脱ぎやすそうだな……)

 

01. 신토불이 (Sha La La)

02. Gorilla

開幕盛り上がるための曲であって、決して泣かせるための曲ではないんだろうけど、感極まって初っ端から泣くという……曲のタイトルは「나는 요일 타는 밤(楽しい土曜日 燃えるこの夜)」の頭文字なんですが、奇しくも土曜の夜の一発目に歌ってくれて、こっちはテンション燃え上がりまくりよ!

 

MC #1

メンバーの自己紹介。ホンソクとキノくんが自分の名前をユニボスに言わせるコール&レスポンスが発生していました。「ホ~ン?」「ソーク!」「キ~?」「ノー!」

 

03. Like This

04. RUNAWAY

静と動のコントラストが効いたダンスが印象的でした。こんな取りにくい拍でアクセントをつけるってリズム感すごくない?とプロの仕事に普通に感動するゾーン。

 

MC #2

・ワールドツアーを終える感想を述べるメンバーたち。ヨウォンくんがあいみょんの「マリーゴールド」を歌詞を替えて歌ってくれました。ヨウォンくんの歌声がよく聞こえるように、メンバーのみんながスタッフさんに「(BGMの)ボリューム下げてください」ってお願いしていたのが印象的でした。《「もう離れないで」と泣きそうな目で見つめるユニボス♪》

・ユウト「僕らが「Just Do It」って言ったらなんて言うかわかりますよね?Just Do It?」ユニボス「YOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!」

 

05. 저두요!! (Just Do It Yo!!)

ですよね、そういう流れですよね。

ホンソクがユウトくんにめちゃくちゃ顔を近づけていて、ユウトくんの顔がぐしゃっとしてるもんだから一瞬(5曲目にして早くも感極まった!?)って思ったんですが、なんてことはないただのイチャイチャでした。

ピースフルな雰囲気で一緒にサビを歌ったんですが、毎回ライブに行くたびに「シンガロングは推しと声を重ねられるえっちで尊い行為」だと泣きそうになってしまいます。そんな事を思いながら歌っていたら、最後の「アンニョーン!」がかわいすぎて無理でした。

 

06. 접근금지 (Humph)

駄々っ子みたいな振付が尊みオブ・ザ・イヤー受賞。PENTAGONは脱力系をやらせたら世界一のグループだと思うんですが、ホンソクに関しては舐めプか?ってくらい常に脱力してる気がして、でもね?このおバカさんに恋してる……

 

VCR #2

メンバーがゲームのキャラクターになって、障害物をジャンプする時は「HEY!」、敵をパンチする時は「HO!」とユニボスが歓声を上げる事で進んでいくゲーム。複雑になるにつれて(私たち、音ゲーをやらされている……?)と思いながら「ヘイ!ホー!ヘイヘイヘイ!ホー!」と与作ばりに声を上げるのが楽しかったです。

 

07. Havana feat. Young Thug [ジノ・ホンソク・ヨウォン・キノ] Camila Cabello Cover

セクシー組にジノたんさんがいるという事実……幼子に見えて最年長の成人男性……ホンソクのチョコレート工場、1回目を拝ませていただきました。#GoodTaste

 

08. Uptown Funk feat. Bruno Mars [フイ・シノン・ユウト・ウソク]  Mark Ronson Cover

原曲が原曲なだけあってブチ上がりなんですが、サングラスをつけてチャラさを演出してるのにひたすらバブなウソクが最高に可愛かった……合いの手を入れるのがまあなんと楽しいこと!ファンキーなバックコーラスさながらに「Hot Damn!」と叫んだり、Beyonceの気分になって「Say Whaaat?????」と煽ったり……と思ったら、そこはPENTAGONのパートでした……こっちはひたすら「Up! Town! Funk You Up!」と叫び続ける側でした……嬉し恥ずかし……

 

MC #3

キノくんだったかな、自分たちはすごくセクシーだったけど「Uptown Funk」組は「面白すぎて」って言っててワロタ。ファニーかよ。そしてセクシーの無茶振りという流れに。フイくんは「26歳だからセクシーはあります!」と自信を見せていましたが、即ジノたんさんに「赤ちゃん!」と言われていました。赤ちゃんなのはジノたんさんでは?そしてヨウォンくんも無茶振りされたんですが、奇遇にも会場に赤ちゃんがいたので「赤ちゃんがあるから……」と可愛すぎる回避。そして赤ちゃんに手を振るメンバーたち。何?ノーベル平和賞授賞式?セクシーは赤ちゃんがいるからなしになったけど、ジノたんさんのカワイイを見たいという流れに。「何がいいですか?」と訊くジノたんさんに、思い思いの欲望をぶつけるユニボス(ライブ中最もカオスだった時間)。すかさずキノくんの「あ~全然聞こえない(笑)」というツッコミ。からのジノたんピース 会場「きゃーーーーー♡」

それで一段落かと思いきや、キノくんが「一番カワイイのはホンソクさん」と無茶振り。ホンソクは「カワイイ~~~?」と裏声でちょける。お前、裏声でちょければいいと思ってるだろ。絶対舐めプだろ。でもね、アンタのそこが好きなの!!!!!そこから次の曲に繋げるために「ユニボスは超カワイイ~~~」とみんなで高めてくれたわ。ありがとう、知ってる。(CV. 中島美嘉

 

09. 예뻐죽겠네 (Critical Beauty)

10. HAPPINESS

11. 감이 오지 (Can You Feel It)

「HAPPINESS」は「一緒に歌いましょ!」と煽られ、ずっとシンガロングしていました。今日絶対聴きたかった曲その①です。ジノたんさんの《見せてあげる僕らの幸せ》の部分で涙腺が崩壊しました。

 

MC #4

PENTAGON「皆さんはツアータイトルの<PRISM>の意味がわかりますか?」

私(Katy Perryの3rdアルバム……ファッキンダーク詐欺……プリズムのきらめき……)

PENTAGON「ひとつの光を反射して、いろんな色を見せられるという意味です!」

私「へぇ~~~~~(普通に感心)」

PENTAGON「僕たちの違う一面を見せます」

私(ディーヴァ……?)

 

12. 밤에 비가 내리면 (When It Rains At Night)

椅子に座って一列に並んで歌うバラード。動かないからひとりひとりの表情をじっくり観ることができました。

 

13. Beautiful

今日絶対聴きたかった曲その②。二階で一列に並んで《You're beautiful, you're beautiful, you're beautiful girl》だってさ!ありがとう!!!知ってる!!!!!泣きながら聴き入ってたので、最後の転調でサプライズとしてスローガンを掲げる事を一瞬忘れそうになりました。#oops

メンバーがひとりずつ両端にはけていったんですが、最後に残ったジノたんさんにもうひとり(失念しちゃった、ごめん)が手を差し伸べて、ジノたんさんはそれにチョキを出して「じゃんけんに勝ったぞ~~~」とでも言いたげなウキウキ感で去っていきました。

 

VCR #3

「今日の僕は、昨日の僕より素晴らしい……明るい未来へ向かって翼を広げろ……」みたいなポエミーな内容。冒頭の《I'm better than yesterday》はまんまM15のサビの歌いだしの歌詞ですね。

 

14. Lost Paradise [フイ・キノ・ユウト・ウソク]

Hip-Hopユニットの曲。雷が落ちる演出をバックに、シリアスなパフォーマンス。かっこいい(普通の感想)。

 

15. 그 순간 그때까지 (Til...) [ジノ・ホンソク・シノン・ヨウォン]

Balladユニットの曲。どこか荒っぽい張り上げ歌唱が印象的な曲なので、思う存分彼らの歌唱力を堪能しました。一列に並んで歌い上げられるとやっぱり表情がよくわかる。

 

MC #5

16. 판타지스틱 (Fantasystic)

今日絶対聴きたかった曲その③。ここから先は全曲シンガロング・ゾーンです。ラスサビ前のラップ部分で気持ちが高ぶって、今日一番聴きたかったパートことジノたんさんの「ユウトだ~~~~~」のハイトーンを聴いた私の右目からは、ひと粒の涙が零れ落ちた……#preciousstone

 

17. 예쁨 (Pretty Pretty)

18. 봄눈 (Spring Snow)

私「いや、君らがかわいいんですが?」

男の子たちが一列に並んで肩を組んでラインダンス、尊くないわけがないだろうが!!!!!って内心キレながらずっと泣いてました。この辺りだったかしら、ホンソクがセンターに立って誰かにお尻を蹴って欲しそうにちょっとお尻を突き出してました。数秒後に誰かしらに蹴ってもらえて満足げだったのがジワジワきた。。。

 

MC #6

・ホンソク「ちょっと早いけどメリークリスマス♡」私「抱かれた」

・ホンソク「またすぐに会いましょ?」私「語尾を上げるな!!!かわいいが過ぎる!!!!!」

・手紙を書いて読んでくれたキノくん。後ろからジノたんさんが覗き見ようとして、「モニターに全部映ってるんですよ!」と怒られていました。かわいいかよ。邪魔されないように二階にのぼって感動的な内容を読んでくれて会場がワーっとなったんですが、冷静に「あ、まだ残りあります」って言ってて笑った……その流れで「フイさんも手紙を書いたんですかー!?」ってなったんだけど、ポケット(何も入ってない)に手を入れたフイくんはパッと指ハートを披露。誰だったかが「上手いね~」って感心しててジワジワきました……(日本語ネイティブ?)

・ヨウォンくんが「伝えたい事が3つあります。いち、健康でいてください。に、ご飯をたべてください。さん、愛してます」と言ってくれた流れでユウトくんが「インフルエンザも流行ってるんでね!」と時事ネタぶっ込み。

・そして忘れられない瞬間。私は身体は男性・心はディーヴァで、普段は性別とかくだらないジャンル分けだと思ってるんですけど、ユウトくんが「男の子ー!」って煽った時に、一瞬迷って思いっきり「わーーーーー!!!!!」って声を上げたんです。だけど、圧倒的に女性ユニボスが多かった(体感98%)ので、完全に声量で負けてるんですよね。だからユウトくんが「男の子負けてるね、男の子ー!?」って更に煽って、私は自らの中のMISIAを解き放って、めちゃくちゃデカい声で「わーーーーー!!!!!」って叫んだんです。この一連のやり取りの中で、メンバーたちが「あ、あそこの人じゃね?」って気づいてくれて、ホンソクと目が合いました。死ぬかと思いました。結果的に、私のMISIAばりの声量に圧倒されたのか、ユウトくんは「ありがとうございます(笑)」って言ってました。

・そして、ジノたんさんはこれが兵役前最後のツアーだと思うんですけど、それを覚悟したコメントをしたんです。「3ヶ月間、たくさん勉強しました。(中略)次会う時まで、元気でいてください」って。一見なんてことないコメントですが、次までの間に兵役がある事を誰もが知ってるので、ユニボスから悲鳴に似た声が上がりました。それに気づいて和ませようとしたのがキノくんだったのかな、ジノたんさんにちょっかいを出したら、ジノたんさんは小さく「帰ってきますよ?」って言ってくれたんです。その言葉が嬉しくて、だけどそれまでが切なくて、夢見心地な2時間の中、この部分の現実感が凄まじくて(ああ、本当に、当然の事って何ひとつないんだな)って泣いてしまって……最後は「またね!」っていつもの屈託のない笑顔で言ってくれたのが儚くて……

・ウソク坊っちゃんは言いたい日本語が出てこなくて完全に赤ちゃんと化していたし、ユウトくんに言いたい日本語を耳打ちして耳打ちで教えてもらう流れがどう見てもキスでした。ごちそうさまです。

 

19. 청개구리 (Naughty Boy)

そんな流れで傘の小道具を使った激カワソングですよ。めちゃくちゃ盛り上がってるのに、ずっと泣いてるという……そしてMISIAによる認知効果なのか、ホンソクが手を振ってくれました……まさかのペンサに私は死にました……身体つきだけ見た偏見で結構豪快にペンサをする人だと思ってたんですが、口角を少し上げて右のおててひらひら……シャイかよ……ホンソク、タイトル通りnaughty boy……

 

20. 빛나리 (Shine)

本編最後は、彼らの現時点での最大のヒット曲。ラスサビをエクステンドさせて、たっぷり楽しませてくれました。この曲はDA PUMPに掻っ攫われてしまった感のあるシュートダンスも好きですが、サビ最後の「ナナナンナ♪」の部分の脱力感のある振付が本当に大好きで。本当に大好きが溢れて泣いちゃいました。この頃にはアイメイクが見るも無残な程に崩れていたはず。。。

 

ENCORE

PENTAGONコールで帰ってきてくれました。黒のシャツ、またはタンクトップ姿でした。タンクトップ、もはや全裸じゃん……(もちろんホンソクはタンクトップ組)

 

21. UP! UP! UP!

ここでまさかの日本オリジナル曲!タイトル通りこっちのテンションもアップアップアップ!!!

 

22. 스펙터클 해 (Spectacular)

筋肉質なメンバーたちがメンバーとイチャついたりメンバーの上に乗ったり、一瞬ポルノを見せられているのかと思いました。そしてホンソクの3回目のチョコレート工場ご開帳……というか上半身のすべてが露わに……推しの脱ぎっぷりが良くて私は幸せです。あとこれは完全に下ネタで申し訳ないんですが、今までTwitterで回ってきたホンソクの裸体を見る限り乳首が小さめな印象だったんです。でも、実際に見た乳首は黄金比のサイズで、色もso good! 最高の乳首でした。最後タンクトップを投げたんですが、投げる方向は完全に私がいる角度だったので、あれは私に投げられた物だったと勝手に解釈しました。ホンソク、もうちょっと腕力鍛えて今度は私に届くように頑張って。(これ以上ガチムチになれと?)

そして最終公演オリジナルのサプライズ。画面に「Stand By」という文字が表示されたら会場が暗転し、席に青のシールが貼ってある人はペンライトをONにする。そしてスローガンの青い面を掲げて照らす。席にシールがない人は、スローガンの白い面を掲げる。そうする事でハート型の即席イルミネーションが完成し、驚いたメンバーにユニボス全員で「PENTAGON、サランヘヨ!」と愛を叫ぶ流れでした。私はシールが貼ってある席だったので、クソ長い行列で3時間待ってペンライトを買っておいて本当によかったと思ったのでした。。。(スローガンの写真は記事の一番下に貼っています)

ちなみにサプライズを見たPENTAGONはキノくんがまっさきに階段を駆け上がって写真を撮っていました。いつかアップしてくれるかしら。それに続けと言わんばかりに次々とメンバーも階段をのぼったんですが、ホンソクは最初の立ち位置から微動だにせずに、ずっと開いたお口に手を当てたまま立ち尽くしていました。ジノたんさん「ハートだ~♡」私「ウッ、ウッ……」

最後、幕が降りるまでしゃがんだり寝転んだりしながら手を振ってくれたメンバーたち。最後の最後、指ハートしてくれたのは誰だ?タイミングが神がかりすぎてるだろ……そして、あっという間にライブは終演したのでした。

 

その他、どのタイミングだったか忘れたけど印象的だったこと。

・ホンソク「だいじょぶ?つかれてない?」私「疲れてはいないけど突かれたいところね」

・2回目のチョコレート工場をご開帳するホンソクを観た私「そんな焦らすような服のめくり方ある!?好き!!!!!」

・ジノたんさんとホンソクでハートを作る場面、推しと推しの共同作業に全私が泣いた

・ジノたんさんはカメラに映る時は必ずかわいい表情をしていて、だけどカメラの切り替えが一瞬遅れた瞬間があって、その時に成人男性の表情に戻っていたのがプロでした

・ジノたんさんは「メリクリ!」とSMクォン理事の代表曲をかわいく投げかけたり、2階席をメンバーの誰よりも気にかけて手を振っていたり、あの小さな身体にありあまる歌唱力とペンサが詰まっていて、本当に感動しました

・誰だったか、ペンライトの光を見て「宇宙みたい」ってコメントしてて(私たちユニボスやからな……)と謎に納得

・キノくん「昨日の話をします」ジノたんさん「キノの話?」

・PENTAGON「僕たちは昨日心斎橋で買い物をしました」私「嘘だろ!?私も昨日心斎橋にいたんだが!?!?!?」PENTAGON「昨日心斎橋にいた人ー?」私「はーーーい!!!!!」

生歌とダンスが本当に素晴らしかったし、MCの内容も通訳なしで頑張ってくれて(特にキノくんは本当に上手)、しかも横浜のレポとあまり被っていないオリジナリティを発揮させていて、こんないいグループある?????と思いました。本当に。あと全員髪型がとてもよく似合っていてすごくよかったです。

・毎日いろいろ準備しているらしいPENTAGON、みんなまたすぐに会いましょうって言ってたし、近々カムバあるかしら?「Round 3」を心待ちにしております。。。

お願いだからこの公演を円盤化して!?!?!?!?!?

 

 以上、常に大森靖子の「生kill the time 4 you、、♥」の歌詞《眼球足んない/見逃した奇跡は幻》《死んでも記憶していたいよ全部》というフレーズが頭の中でリフレインしていた公演でした。

 最初はどうなることかと思っていましたが、30歳の誕生日にこんなにいいライブを魅せて貰えて、確かにこちらはその権利にお金を出したんですが、お祝いして貰った気分でした。最初は海外ではハイタッチがあったからやってくれるかな、と期待していましたが、まあなかったですよね。誕生日を祝ってほしいなんて浅はかな欲だったと気付かされました。それは、ユウトくんの男の子煽り。多分本人にそんなつもりはないんでしょうけど、「その身体とその声で生まれてきたんでしょ、それをありのまま聴かせてよ」と言われたような気がして、そしてそれを全員で喜んでくれて、誕生日以前に、私が私として生まれた事すべてを全肯定された――そう感じたんです。ここ最近は仕事でプレッシャーばかり与えられるし、人間関係もまったく上手く行かないし、知らない内にいろいろ溜まってたんでしょうね。今日のために今まで30年も生きてきたんだ、と報われた気がして、それが暖かくて、嬉しくて、幸せで。今もこれを書きながら泣いてるんですけど、ホテルに帰る道すがら、顔をぐちゃぐちゃにして泣いていました。スローガンとうちわを片手に泣きながら夜道を歩いている成人男性、よく職質受けずに済んだな……ホテルのフロントの人は驚いてたけど……#sorry

 本当に、人生で一番幸せな誕生日になりました。ケーキを食べなくても、キャリアハイを更新できる。それを教えてくれたPENTAGON、本当にありがとう。今日のジノたんさんのMCで強く思いました。あなたたちが最高を更新していくところを、近くでずっと見ていたいです。そして家族・職場の人たち・Twitterのフォロワーさんたちの意見が揃う事って今までなかったんですが、全員一致で背中を押してくれて、不思議なパワーを感じました。本当にありがとうございます。今日会場でご一緒したユニボスの方々も、私が話しかけた時に嫌な顔ひとつせず答えてくれて、ありがとうございました。なんかアルバムのブックレットの最後にあるSpecial Thanksみたいな感じになってきたんですが、いろんな人が用意してくれた誕生日プレゼントって感じなんです、本当に。最高の誕生日を過ごさせてくれて、本当に本当にありがとうございます!

 あと、実は冒頭でちらっと名前を出した安室ちゃん。彼女の最後のツアーグッズだったキーホルダーをいつも持ち歩いているんですが、それが行きの伊丹空港でなくなりました。当初は(もう売ってないのに……)とショックを受けたんですが、今思うと「思い出は置いといて、今を全力で楽しみなさい!」というメッセージだったのかもしれないです。今回の大阪遠征は本当にすべての事には意味があるんだなと感じることだらけで、ドリカムの「大阪LOVER」よりもユーミンの「やさしさに包まれたなら」が私にとっての大阪のテーマソングになりました。そしてPENTAGONには同じくユーミンの「シャンソン」を捧げたいです。《苦しみさえも美しく 眩く照らすこの愛を あなたと生きる瞬間を 覚えてる 覚えてる 悲しみさえも懐かしく やがて藻くずに還るとも あなたと逢えた歓びを 忘れない 忘れない》

 そして家に帰ったら、私が飲んでいるチョコ味のプロテインがスーツケースの中で爆発して、あらゆる物が粉末まみれになっていました。大惨事。普段の私なら「最悪」とテンションが下がるでしょうが、PENTAGONを知った私は違います。「これが本当のチョコレート工場……ホンソクのいたずらかしら、うふふ♡」と。

 本当にいろんな事が起きて、その度に驚いて、ふとした拍子に感極まって、顔面と感情がジェットコースターです。もしかすると私はこの30年間、誰の事も好きじゃなかったのかな、とすら思いました。大袈裟でもなんでもなく、PENTAGONこそが本当に好きな人なんじゃないかと。

 出不精な私を遠くまで呼んでくれて、ネガティブな私をちょっとだけポジティブにしてくれて、そして私に本当の愛を教えてくれたPENTAGON。PENTAGONのおかげで今日の私があるのなら、最後の一文はこれしかないですよね。

 今日の私は、昨日の私より素晴らしい!(――「그 순간 그때까지 (Til...) 」より)

 

f:id:bitchvoguejp:20191222012247j:plain

最終公演のスローガン。上段「"遠くへ行くなら、共に行け"――いつも一緒に歩こう!」/下段「♡愛してる♡」

 

 2019/12/22

 本当は誕生日の内に投稿したかったのに、文章が長くなりすぎて、あと書き足したい事が多すぎて日付が変わってしまった……

 

◎追記

そして後日、溢れたこの想いは歌になったのであった……

bitchvoguejp.hatenablog.com

 

◎追々記

そして後日、溢れたこの想いは5曲入りのEPになったのであった……

bitchvoguejp.hatenablog.com