#BitchVogue JAPAN

For all the bitches...

Muah ~That's What I Call #BitchVogue~ 2101

f:id:bitchvoguejp:20210120161420p:plain

Muah ~That's What I Call #BitchVogue~ 2101

 

2021年も何卒よろしくお願い致します。以下、特におすすめしたい曲。

 

 

コロナ禍の現状をよくしようとする歌が多かった2020年。2021年は、そこから元の世界への「再生」が歌われていくのかなと感じました。私たちはひとりひとりがかけがえのない宝物、できることなら笑顔でいることの方が多い2021年にしたいですね。

 

  • Uhm Jung Hwa「호피무늬 (Hop In) feat. Hwa Sa & DPR LIVE」

 

2020年、払い戻し遠征隊「DON'T TOUCH ME」をきっかけにアルバム『The Cloud Dream Of The Nine』を聴いて、あまりの高貴さに眩暈を起こした存在ことオム・ジョンファ。デビュー20周年を迎えたBoA(通称:クォン理事)のロールモデルでもあります。払い戻し遠征隊でコラボしたMAMAMOOのHwa Saとヒョウ柄の衣装でクネクネ踊る姿に、景気の良さを感じました。2021年、景気よく生きていきたいですね。

 

  • HYNA「GOLDEN DREAM」

 

衝撃のデビューシングル「TARATIKA」から10年、和製レディー・ガガと謳われたHYNAが、事務所との契約問題などを経て、遂に音楽界にカムバックを果たしました。私は「It's a party!」の音源化を待ち望んでいます。

 

 

淑女」(通称:都市女子)で一世を風靡したユビンが、再び同じ作曲家とタッグを組み、Christina AguileraYour Body」のごとく男を手にかけるMVでカムバックを果たしました。コレまで以上に悦の高まりを感じます。

 

  • MCND「우당탕 (Crush)」

 

いつもグループ名をマションダ(シンガーで、Alicia Keysの旦那の元妻)と読んでしまうMCNDの新曲。ちょっぴりワルだけどダークなわけじゃないあっけらかんとしたHip-Hop、これはきっとたくさんの人が好きなやつです。

 

  • Saweetie「Best Friend feat. Doja Cat」

 

字面だけ見たら西野カナ同名曲ばりにスウィートな友情ソングかと思いきや、2021年のビッチ初めといった感じのHip-Hopソング。最後、全裸で崖から飛び降りるシーンでは2021年最初の「いい加減にして」が口から零れ落ちました。

 

  • Kelsea Ballerini「hole in the bottle」

 

ビッチ系ディーヴァのビジュアルだけど実はカントリーシンガーということがBillboardチャートを見ていると稀にありますが、それの最新版です。"あの"Shania Twainとのデュエット版もリリースされています。

 

  • N.O.M「I Can't Wait」

 

今年もブチアゲコレオの量産、よろしくお願いします。

 

 

以上、今月のMuah!チャートでした。

本日で『#BitchVogue Best Of Timeline 2020』のエントリーを締め切り、後日いよいよ発表致します。お楽しみに!

 

 

2020/01/20