#BitchVogue JAPAN

For all my bitches...

ホンソク、あなたは私の本当の初恋

I'm a crazy bitch...

 

2019年12月21日、30歳の誕生日にPENTAGONの『PRISM』ツアー最終公演に参加し、ひどく感動した私。 

bitchvoguejp.hatenablog.com

 

 

2020年1月5日、メンバーのホンソクへの想いが溢れて「チョコレート・ボーイ」という曲を作ってしまった私。

bitchvoguejp.hatenablog.com

  

この流れだけでも随分クレイジーですが、これは始まりに過ぎなかった――。

 

本日2020年4月17日、ホンソクの26歳の誕生日。

UKI EYE 3rd EP『Truly, My First Love』リリース!!!!!

 

 

f:id:bitchvoguejp:20200412221307p:plain

UKI EYE『Truly, My First Love』ジャケット

f:id:bitchvoguejp:20200412234110j:plain

Kelly Clarkson『Piece By Piece』ジャケット


(まるでKelly Clarksonの『Piece By Piece』のような目眩ましのジャケット……)だけどね、これには意味があるの……このEPには、5曲が収録されている。そして、PENTAGONは五角形を意味する……つまりそういうことよ……

 

5曲の内訳はこうだ!

1~4曲目:ホンソクへ捧げる歌

5曲目:PENTAGON全員へ捧げる歌

 

はい!クレイジー!!!頭おかしいでしょ!!!!!YOU CRAZY BITCH!!!!!!!!!!

 

そういうわけで、占いで"愛の狂人"と呼ばれた私が、愛の狂人に相応しいこの狂気のEPを、1曲ずつ紹介していきます……HERE WE GO.

 

01. チョコレート・ボーイ

f:id:bitchvoguejp:20200412221349p:plain

「チョコレート・ボーイ」歌詞

f:id:bitchvoguejp:20200412221604p:plain

「チョコレート・ボーイ」対訳

◎参考にした曲

大森靖子「ミッドナイト清純異性交遊」「きゅるきゅる」

school food punishment「sea-through communication」

Perfume「再生」「Puppy Love」「Sweet Refrain」「未来のミュージアム」「Spring of Life」

Madonna「Give Me All Your Luvin' feat. Nicki Minaj & M.I.A.

・Rita Ora「Anywhere」

 

腹筋とホンソクの甘い優しさをチョコレートに例えた曲です。

ホテルからグランキューブ大阪へ向かう時のウキウキ感をマーチみたいな曲調で表現しました。右側で鳴る心電図のような音、左側でどんどん高まっていく鼓動のような音。もうすぐ幸せで昇天しちゃいそう! という気持ちを歌にしました。中田ヤスタカサウンドを目指したつもり。Perfumeになった気分で歌いました。

今回のEPに収録されているバージョンは、シングル・バージョンとはちょっとだけ違います。シングルは冬に作って、EPは春に出るので、Perfumeが「Spring of Life」で「人生の春はいつでも来る」と言っていたことを思い出して、[spring mix]と名付けました。

 

02. Strong Wings

f:id:bitchvoguejp:20200412221412p:plain

「Strong Wings」歌詞

f:id:bitchvoguejp:20200412221400p:plain

「Strong Wings」対訳

◎参考にした曲

Britney Spears「Stronger」

Evanescence「Call Me When You're Sober」

・JINHO「Gethsemane (I Only Want To Say)」

・Say Lou Lou「The Look Of Love」

・BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」

・Hayley Williams「Simmer」

・UKI EYE「Cold Rainy Karma」

 

歌詞の短さよ……

「チョコレート・ボーイ」が腹筋なら、こちらは背筋がテーマです。ホンソクの腹筋は公式で"チョコレート工場"って言われているので、私は勝手に(ホンソクは腹筋が一番お気に入りなんだろうな~)と思っていたんですが、本当は背筋が一番好きだという事を知って「ああ、私は推しの事を何もわかってないんだな……」と落ち込んだ時のダークな気分が曲になっています。等間隔で刻まれる無機質なリズムと、絶妙に合わさらない左右ふたつのヴォーカルで、秩序と無秩序を表現しました。

背筋を逞しい翼に見立てて、その翼で雨雲を突き抜けて高く飛躍して欲しい。そういう願いが込められています。ヴォーカルのイメージはEvanescenceAmy Lee。母親には何故かSarah Brightmanだと言われました。左右ふたつのヴォーカルは左右それぞれの翼を意味していて、雨雲の轟音の正体はドライヤーの音だったりします。

以前ジノとフイが番組に出てジノが「Gethsemane (I Only Want To Say)」という曲を本気を出して歌っていたんですが、その曲の最後のロングトーンの途中で1オクターブ上がる部分があって、それをオマージュしたくて取り入れてみました。

 

03. Hot Guy

f:id:bitchvoguejp:20200412221503p:plain

「Hot Guy」歌詞

f:id:bitchvoguejp:20200412221455p:plain

「Hot Guy」対訳

◎参考にした曲

宇多田ヒカルCan You Keep A Secret?

・MNEK「Tongue」

・Camila Cabello「Living Proof」

・THE BOYZ「Back All Black」

・ZICO「Any Song」

・Justin Bieber「Boyfriend」

・DOUBLE & 安室奈美恵「BLACK DIAMOND」

・Dua Lipa「Blow Your Mind (Mwah)」

BTS「DNA」

・Billie Eilish「Bad Guy」

BoA「Woman」

 

最初PENTAGONというグループを知った時、ホンソクひとりに目が止まる事はありませんでした。何度か見ていくうちに(この子、顔がかわいい……)となって、去年の夏に『Men's Health』の表紙を見て完全に恋に落ちました。その瞬間に生まれた欲情を持て余している、という曲です。

 

Camila Cabelloが「Living Proof」のサビをファルセットのスタッカートで歌っていたのが印象的で、最近は低いキーの曲が多かったこともあって挑戦してみました。あとサビで急にスポークンになる曲にも憧れがあったので……2番の歌詞ではBeyonceRihannaについてJAY-Zに放った名言「彼女は"獣の目"をしてる……」をオマージュしました。節々でお色気を出したつもりですが、ギャグみたいな仕上がりになっていて自分の限界を感じました。(各方面から怒られそうで戦々恐々です。。。)

 

04. #このおバカさんに恋してる

f:id:bitchvoguejp:20200412221532p:plain

「#このおバカさんに恋してる」歌詞

f:id:bitchvoguejp:20200412221515p:plain

「#このおバカさんに恋してる」対訳

◎参考にした曲

aiko「自転車」

木梨憲武「I LOVE YOUだもんで。」

中島美嘉「初恋」

Madonna「Nothing Fails」

 

初めてファンクラブに入ったのも、初めてのK-POPアイドルのライブも、初めて曲を作るほど好きになったのも、初めてEMSを送るのも、何もかもホンソクが初めてです。

ライブが終わってホテルに帰った後、ひとしきり泣きながら「ああ、私今まで本当の意味で人を愛したことがなかったんだ……」と思い、いつもSNSでふざけて私を笑わせてくれるホンソクへ真面目なラブソングを書こうと思いました。

ホンソクへの今の想いがギュッと詰まっていて、私がEPを作っていることも「ふざけていて実は本気」なので、ダブルミーニングの曲です。最後のサビの「ふざけてないよ、愛してる」というフレーズが、今の私のすべてです。

そして最後、限られた時間でアウトロに贅沢な尺を取りました。このアウトロによって一気にウェディング・ソング感が出ましたね。私、ホンソクと幸せになります。

ちなみにタイトルの「#このおバカさんに恋してる」はHarry Stylesが鼻の穴にポテトを刺してふざけている写真をRita OraがInstagramにアップし、それを見た海外のファンが「このおバカさんに恋してる」とコメントしたのが元ネタです。もっと遡れば、Madonnaが名盤『American Life』の「Nothing Fails」という曲の歌い出しで「あなたに恋してるのよ、おバカさん」と歌っていたのが元ネタです。

 

05. MY PRIDE

f:id:bitchvoguejp:20200412221339p:plain

「MY PRIDE」歌詞

f:id:bitchvoguejp:20200412221554p:plain

「MY PRIDE」対訳

◎参考にした曲

今井美樹「PRIDE」

大森靖子「アナログシンコペーション

Cheryl「Happy Tears」

school food punishment「sea-through communication」

SEVENTEEN「舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)」

東京事変「スーパースター」

・ハピメリ「Happy Merry Christmas」

BTS「Crystal Snow」

・Bruno Mars「Finesse feat. Cardi B」

・PENTAGON「청개구리 (Naughty Boy)」「HAPPINESS」

Mariah Carey「Fly Like A Bird」「I Wish You Well」「I Want To Know What Love Is」「Heavenly (No Ways Tired / Can't Give Up Now)」

 

PENTAGONはいつも、私たちに幸せを与えてくれます。だから私たちはお返しします。なのに、彼らはいつもそれ以上のものを返してくれます。

その例として、新型コロナウイルスによる音楽番組の無観客収録を理由に、彼らの事務所は「Dr. 베베」の掛け声を公募しました。私は、せっかく一生懸命準備したパフォーマンスを誰も見ていないステージで掛け声もなく披露するのは寂しいだろうと、ちょっとしたお返しのつもりでそれに参加しました。するとそれを見たメンバーは、その掛け声を使ってパフォーマンスをしてくれました。それも「ユニバース叫べ!」と掛け声を最大限に活用するやり方で。

 

 

そんな彼らにはどうしても花道を歩いて欲しくて、だけどそんなに気張らないでいてほしくて、楽しくトップにのぼりつめて欲しい――そういう気持ちを歌いました。純粋な気持ちだったので、黒鍵を一切使わない真っ白な音にしたくて、Cメジャー調にしました。彼らの大大大名曲「HAPPINESS」をオマージュしてニュー・ジャック・スウィング調にしたのも、私なりのちょっとしたお返しのつもりです。今井美樹の「PRIDE」のマインドをそのままに、彼らを愛する事が私のプライドだと胸を張って歌いたかった。それと、アルバムの最後を飾るポップでキャッチーなんだけどどこか切ない曲を目指したくて、大森靖子school food punishment(2回目)を参考にしました。また、歌詞でEPのタイトルを回収できたのが満足ポイントです。

最後突然ゴスペル調になるんですが、それはMariah Careyへの憧れです。彼女のアルバムの最後の曲は、必ずゴスペルです。蛇足かもしれませんが、どうしても入れたかったんです。きっとPENTAGONへの思いは私ひとりが思っている事じゃなくて、世界中のユニバースが思っているはずなので、彼ら・彼女らの声を擬態して、多重録音をしたかったんです。南国のおキャンな子とか、北欧のおとなしい子とか、いろんなユニバースがいると思います。ひとつひとつの声をその人たちになったつもりで録音しました。逆にPENTAGONもユニバースのことをこんな風に思ってくれていたら、この上ない幸せです。

更に、この曲はPENTAGONへのラブソングであると同時に、多様性を祝福する曲でもあります。この隔離中の状況下で大切な人と会えずにいても、毎日をお祭りのように賑やかしてくれる虹色のサバイバーたちを祝福する曲としても成立させたくて。#プライドウィーク #おうちでプライド のお供としても、是非。

そんなこんなで、作曲の天才フイくんやキノくん、歌唱に厳しそうなジノくん(「お祭り騒ぎな」とか最後のゴスペル部分の「Keep on lovin' you」とかの歌い方は彼に影響を受けています)、リリックに厳しそうなユウトくんとウソクくんに怒られないような曲を。また、全世界の虹色のサバイバーたちにも響くアンセムとしての強度を持った曲を。何より、PENTAGON全員への愛が感じられるような曲を――この曲が一番作るのが大変で、あらゆる角度に注意しながら作りました。

PENTAGONへのラブソングのつもりが多様性を祝福する曲にもなって、つまりそれはPENTAGONが多様性そのものであるということで、何故私が彼らにここまで夢中になるかのヒントを得た気がして、作ってよかったなと心の底から思った曲です。

 

以上5曲、17分4秒094。反対から読むと94年4月17日、ホンソクの誕生日

そういう遊び心もあったりしつつ、何度も身も心もズタズタになりながら、だけど楽しく作りました。大人になって初めて知った初恋という意味で、宇多田ヒカルの「初恋」のような作品を目指しました。

ホンソクとPENTAGONに捧げたEPではありますが、好きな人がいる人全員に当てはまるようなポップスとして作ったつもりなので、ユニバースもユニバースじゃない人も、いろんな人に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

CDを焼いて、ブックレットも作って、私とホンソク以外誰も持っていない世界で2枚だけのCDも作りました。EMSで送ったので、彼の元へ無事届きますように。

私は今まで自分の曲にジャンルはない(強いて言うなら幼い頃から独学で好き勝手弾いていたピアノの音色が必ず入っている)と思っていたんですが、今回まごころでこのEPを作って、私のジャンルは「ハンドメイド・ボップ」なのかもしれないと思いました。

是非、SoundCloudで聴いてください。5月上旬にはApple MusicやSpotify等のストリーミングサービスでも配信開始となるので、お好みの楽しみ方をしていただけると幸いです。4/23追記:各種サービスで配信開始となりました!リンクはこちら!!!(このEPはお金儲けの為ではなくホンソクとPENTAGONへの贈り物として作った作品なので、売上はすべて国立国際医療研究センター様に全額寄附致します。

 

それでは、最後にこのEPを作るにあたってたくさん勇気をくれた曲を紹介しましょう。大ファンの道重さゆみに向けて作ったこの曲は、彼女と道重さゆみとを繋ぎ、最終的にふたりはコラボを果たしました。まごころで作られていて、夢がある歌。何度も挫けそうになって、その度に助けられました。ありがとう、大森靖子

 

 

今回参考にした曲のプレイリストも貼っておきます。Apple Musicとは犬猿の仲なので、誰かしら同じものを作ってください。#queenof他力本願4/18追記:親愛なるのずっちことmuda-mudaさんに作っていただきました!)

 

HONGSEOK, HAPPY BIRTHDAY.

PENTAGON, I LOVE YOU.

 

4/18追記

今回のEPリリースに際して、日常を切り取る文才の持ち主、のずっちことmuda-mudaさんが書いてくれた嬉しすぎる感想記事(なんてサプライズ!)を見つけたので、最後の最後に紹介させてください。満たされて、心が浄化されてしまいました。。。

muda-muda.hatenablog.com

 

9/5追記

そして、次の作品が爆誕したのであった――。

bitchvoguejp.hatenablog.com

 

2020/04/17

UKI EYE