#BitchVogue JAPAN

For all the bitches...

Muah ~That's What I Call #BitchVogue~ 2102

f:id:bitchvoguejp:20210220151341p:plain

Muah ~That's What I Call #BitchVogue~ 2102

 以下、特に紹介したい曲です。

 

  • TREASURE「오렌지 (ORANGE)」

  

 もともとは去年の秋にリリースされたシングル「음 (MMM)」のc/w曲で、今回1stアルバム『TREASURE EFFECT』に見事収録されました。Bruno Mars「Versace On The Floor」を思い起こさせるイントロからはじまるミッドチューンです。夕暮れ時に別れを惜しむカップルの様子を歌っています。まあここまでは私が言わなくてもその辺にゴロゴロ書いてあると思うんですけど。

 まず、この曲は私の推しアサヒくんが作詞・作曲をつとめています。アサヒくん推しになった経緯としては、まずデビュー時のPR VIDEOで(困り顔のライオンさん……)という第一印象を抱きました。調べていくうちに大阪府生まれということが判明し、私は関西弁にめちゃくちゃ弱いので、ここで好き度が増します。そして名字が浜田ということを知り、(そうであれ……)となりました。金髪で浜田といったら、私がかつて推していた『おおきく振りかぶって』の応援団長、浜田良郎です。そこがオーバーラップし、更に好き度が増しました(は?) 極めつけは藤井風の「帰ろう」が好きだという点。これはもう運命を感じてしまいましたね(大丈夫?)

 上の段落の内容はすべてどうでもいいので忘れていただきたいんですけど、この曲はアサヒくんの瑞々しい感性がギュッと詰まっていると感じました。ここでいう"瑞々しい"は"初々しい"ではなく、その人の生き様がこれでもかと溢れていることを意味します。もちろん、キャリアがスタートしたばかりなので初々しさも多少はあると思いますよ。アサヒくんと共作曲者のFUTURE BOUNCEさん、どっちが最初に「最後のサビで転調しない?」と提案したのか、と想像すると初々しい場面が目に浮かぶので。ただ、この曲に関しては生き様のほうを強く感じます。「歌を聴くことと歌を作ることと絵を描くことが好き」という、この人は芸術をするために生まれてきたんだと感じさせる自己紹介。そしてそれが溢れんばかりにこの「오렌지 (ORANGE)」という曲に表れています。そういう曲は否応なしに大好きだし、ちょっと泣いちゃいます。自分が作った曲だから自分がたくさん歌うとかではなく、自分がメンバーの声質に合うと思って作った曲をあくまで俯瞰で見ながら、自分もあくまで12分の1のメンバーとして参加する。そういうプロデューサー気質なところも愛おしいですね。だけどやっぱり、この曲を一番知っている人だから、歌声にちょっぴり本家としての骨太さが出てるところが大好きです。だからあたしは君のメロディーやその哲学や言葉全てを守り通します、君が其処に生きているという真実だけで幸福なのですよ、アサヒくん……そんなこんなで聴くたびに私の心を揺さぶる曲なので、補色の「BLUE」という曲を作って心のバランスを保たないといけないかしら?という気持ちになってきました(は?)

 ということで、TREASUREの1stアルバム『TREASURE EFFECT』めちゃくちゃいいので、TREASUREに多くの愛と関心をよろしくお願いします。アルバムを聴き終わるときに(行かないで……耳に……絡みついてもう離れないよ……)となったのは久しぶりの体験です。3月には日本デビューも果たします。このアルバムの曲が全曲日本語になるみたいです(狂気) 最近は勝手に「오렌지 (ORANGE)」のサビの入りは《오늘도》なので日本語だと《今日も》になるのかな?と考えています。日本人メンバーが4人いることだし、変に外注せずに日本人メンバーが訳していたりしないかしら。何はともあれ、日本デビューとても楽しみです!

 

  • HyunA「I'm Not Cool」

 

 長文を読んで疲れましたか?これを観てぶっ飛んでください(劇薬)

 

  • Kim Woo Seok「Sugar」

 

 観ているあいだ、ひたすら「かわいい……かわいい……」と漏らしていました。

 

  • ZOC「DON'T TRUST TEENAGER」

 

 優しい地球にしたいの、永遠の衝動。

 

  • IU「Celebrity」

 

 特にこのブログを読んでくださってる方々はヒットチャートにランクインしていない、どこから見つけてきたのかわからないような曲を聴いている方が多いので、この曲がとても響くのでは?と感じています。

 《歩き方、身なり、イヤホン越しに聴いている音楽まですべてマイナー》なアウトサイダーがうなだれている頭の上、明るい光の照明がどこを照らしているのか、ゆっくりでいいから最終的に気づいてほしい。あなたは《The one and only》で《You are my celebrity》だと。そんな優しい歌詞に包まれて、今月のMuahを締めましょう。

 

 

 2021/02/20